ぶぅたのコラーゲンきょうしつ
 コラーゲンについて  コラーゲンレシピ コラーゲンリンク集
                                                   

   コラーゲンを含む食品

コラーゲンの体内含有量は20歳までがもっとも多く、それ以降は減り続け、40歳代には約半分にまで減ってしまいます。 そのため、体内でつくられず不足しがちなコラーゲンは通販で購入できるサプリやドリンクに頼らず、毎日食事などから摂取しましょう。


ラーゲンを含む食品

・手羽先 ・牛すじ肉 ・鶏肉、鶏の皮 ・軟骨 ・豚足、豚耳 ・皮付きの魚 ・魚の頭、・魚のアラ


・あわび ・さば ・さんま ・鯖 ・ふぐ ・ぶり ・カレイ ・むつ ・鯛 ・ふかひれ ・どじょう ・すっぽん ・あなご ・なまこ

ラーゲン食品の摂りかた

コラーゲンは動物の皮膚、骨、軟骨などに多く含まれます。

煮込んで汁ごと食べたり、冷やして煮こごりにして食べるのがおすすめです。

ふぐやカレイなど通販サイトでまとめ買いして、真空冷凍で鮮度そのまま長期保存できるものもあります。

日本一の美味しいお米と言われているコシヒカリをご自宅までお届けします。

ラーゲン食品を食べよう

コラーゲンは熱によって溶ける性質を持っていますので、皮や骨付きの肉、皮の煮込みや豚骨スープ、

魚の煮汁(煮こごり)などの料理から日常的に気付かないうちにコラーゲンを摂取しております。

餃子にもコラーゲンがたっぷり入っており、通販でコラーゲン餃子も販売しているようです。

ラーゲン摂取法(鶏肉料理編)

鶏肉の場合も皮や骨、軟骨などにコラーゲンが多いため、焼き鳥の皮、軟骨、手羽等のコラーゲン

たっぷりの部位の料理がおすすめです。

ラーゲン摂取法(煮込み料理編)

手羽をジャガイモや大根、にんじんなどと一緒に煮込んで、ばポトフ料理。ジャガイモや大根にはビタミンC

も豊富だから、肌の健康維持にはオススメです。手羽は焼いてもよいし、野菜炒めにしてもOK。

軟骨の野菜炒めも簡単料理でオススメ!


コラーゲン
 コラーゲンの種類
 コラーゲンを含む食品
 コラーゲンとヒアルロン
 お米の栄養
レシピ
 卵の入った豚の角煮
 ミルクシチュー
 鳥と卵の簡単トマト煮
ホーム&リンク
 お役立ちリンク集
 ☆ HOMEへ ☆