ぶぅたのコラーゲンきょうしつ
 コラーゲンについて  コラーゲンレシピ コラーゲンリンク集
                                                   

   コラーゲンの役割

コラーゲンは人間の体を形成するうえで欠かすことの出来ないタンパク質です。人体では全タンパク質の約30%をカバーし、皮膚、髪、爪、血管、骨など体のあらゆる部分を構成して、細胞と細胞の間を結び付けています。また、コラーゲンは、細胞間をつないで、酸素や栄養を供給し、老廃物を除去する働きをしています。人体の骨や軟骨などにも豊富に含まれ、肌のハリや弾力を保つ役割を果たしています。このことから、多くの化粧品でも利用されています。また、コラーゲンは20歳前後をピークにして減少してきます。このため年齢を重ねるごとに、皮膚はみずみずしさを失い、肌の老化が始まり、肌のツヤが無くなってきます。肌や骨の健康維持には、コラーゲンを摂取し不足したコラーゲンを補うことが必要になります。

加齢とともに衰えるコラーゲン

コラーゲンは、体内で常に新陳代謝を繰り返しているのですが、加齢とともにコラーゲンを作る機能も衰えます。例えば、40歳のコラーゲン新陳代謝速度は、17ー18歳の頃と比べて約半分以下にもなるのです。
コラーゲンが衰える(不足)すると、水分が少なくなり、皮膚が固くなってしまいます。このようになったコラーゲンが新陳代謝されず古いまま、体内にそのまま残ってしまうと様々な異変が起こってくるのです。普通は、細胞は体内で新しく新陳代謝され、、古くなった細胞は分解されます。分解された細胞はコラーゲンを通過して血管に運ばれ、体外に排出されます。しかし、コラーゲンが古くなり固くなると、老廃物は行き場がなくなり、細胞中にそのまま居座ってしまいます。 血管の壁に柔軟性が失われると動脈硬化になりやすく、関節の動きが滑らかに行われないとこわばった動きとなって痛みを伴う場合もあり、さらにには骨の細胞を繋げるのに欠かせないコラーゲンが衰えると、骨の組織も弱いものになってしまいます。このよな現象で肌のみずみずしさもなくなり、やがてシミやシワ、たるみといった肌の衰えが徐々にましてくるのです。
コラーゲンは補給が大切

私たちの皮膚は、大きく表皮と真皮に分けることができます。表皮は一番外側に見えている角質層と、新しい皮膚の細胞を作る基底層からなりますが、基底層を支える役割を果たしているのが、その下に存在する真皮です。この真皮部分の70%を占めているのがコラーゲンで、表皮の保水力の大きなカギとなっえおります。
真皮の中で、毛細血管のように張り巡らされたコラーゲンが、水分を保ち、肌の弾力を保っていりからです。真皮層は20歳前後を境にして、加齢とともに薄くなっていきますが、コラーゲンを補給して新陳代謝を活発にしてやると、この現象をゆるやかにすることができるのです。

肌の老化を食い止めいるにはコラーゲンを


一つには紫外線対策や活性酸素対策などの外的要因をなくすことです。
そしてもうひとつは、表皮のターンオーバーのサイクルを正常にしたり、真皮にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など肌の弾力成分の破壊を防いだり、それらを生み出す「線維芽細胞」を活性化させることです。

イソフラボンの摂取も効果的


皮膚の老化の原因に、紫外線とともに注目されているが、女性ホルモンの減少です。更年期にさしかかるころ、次第にホルモンのバランスが崩れだして、肌のうるおい成分の減少などの老化現象が目立ってきます。イソフラボンには女性ホルモン様成分があり、これを摂取することも、対策の一つです。
・細胞や組織をしっかりと結合するたんぱく質の1つです。
・細胞の機能を活性化させ、肌にハリや潤いを与えます。
・不足するとシワやたるみの原因になります。
・角膜や水晶体などの目の組織に含まれ、眼精疲労、老眼の予防など目の健康を保ちます。
・骨に弾力性を与えて、骨折や骨量が低下する骨粗しょう症を防ぎます。
・血管に弾力を与え血管の老化を防ぎ、血小板とともに止血に働きます。
・シワやたるみを防いで若々しい肌に保つだけでなく、コラーゲンは美容と健康を維持する為にとても大切な栄養素です。

コラーゲンの上手な摂り方

動物の骨や軟骨から抽出したコラーゲンが健康食品や化粧品に利用されています。錠剤などのサプリメントはタンパク質、アミノ酸に富む健康維持の栄養補助食品です。なおコラーゲンのはたらきを高めるには、ビタミンC、鉄分の併用が進められます。コラーゲンを多く含む食材は動物性のものが多いので、豚肉や鶏肉、ふぐ、カレイなどが挙げられます。日本の家庭なら、ご飯はつきものだと思いますがご飯のアミノ酸がこのコラーゲン食材との相性がいいのです。お米を噛めば噛むほど甘く感じるのはアミノ酸が関係しています。粘りがあり、食感のしっかりしたあきたこまちを選んで見るのもいいかもしれませんね。

骨粗しょう症の予防効果にも

20代〜30代もご用心

骨は一見、無機質のようにみえますが、常にカルシウムを吸収したり放出したりしている新陳代謝の活発な器官です。ところが、老化にともない、骨からカルシウムが溶け出し、骨がスカスカになっていきます。これが骨粗しょう症という病気で、骨折を起こしやすくなり、寝たきりの原因の第2位(第1位は脳卒中)に上げられています。特に閉経後の60歳以上の女性に多くなりましたが、最近では更に20代や30代の女性にまでも多く見られるようになってきました。それではカルシウムさえ十分に摂っていればいいかというと、それだけでは不十分です。実は骨も20〜30%はコラーゲンでできていて、コラーゲンがビタミンDやビタミンAと協力してカルシウムをしっかりと捕まえているのです。

切っても切れないコラーゲンとカルシウム

骨を鉄筋コンクリートに例えると、コラーゲンが鉄筋、カルシウムがコンクリートで、ビタミンDやAと協力して、日光にも当たらないと丈夫な構造物にはならないのです。ただし、コラーゲンがしっかりとカルシウムを捕まえ、しっかりした骨を作るには、骨に力(負荷)をかける運動も必要です。無重力状態の宇宙に長時間いた宇宙飛行士が、いくらタンパク質やカルシウムを摂っていても骨が弱くなってしまったということがあります。コラーゲンは、バランスの良い栄養と適度な運動によって新陳代謝が活発になり、カルシウムをしっかりつかまえることができます。ですから、カルシウムを毎日の必要量だけはしっかり摂り、コラーゲンを補給し、日光浴をしながら無理しない程度の運動を続けることが、骨粗しょう症の予防にもつながります。さらに、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを、忘れずに服用して、毎日30分程度の屋外散歩(日光浴)を続けることも大切です。


   組織でのコラーゲンの役割

皮膚組織の真皮(70%)
細胞と細胞をつなぐはたらきがあり、不足すると肌のみずみずしさを失わせ、しみ、しわ、肌荒れの原因になります。
歯を支えている
歯茎多く含まれ、歯周病等の予防に効くと言われています
目には大量に含まれる
目の角膜や水晶体には大量に含まれているため、不足すると角膜のはたらきを衰えさせ、視力低下の原因になり、水晶体は、タンパク質を老化させ白く濁ると透明度が失われ、白内障を惹き起こす原因になります。
骨の中のタンパク質の約80%
骨はカルシウムだけではありません。わかりやすく家にたとえると、壁のコンクリートがカルシウム、リンといわれる部分で、鉄骨=骨組みの役割をしております。コラーゲンを補充することにより、骨組みが強い骨になり、骨粗しょう症の予防になるといわれています
内臓の強度を補強
肺、胃腸、肝臓、心臓等の上皮組織の下にあり、コラーゲンを補充すると、肝臓病等(肝炎、肝硬変)の予防になると言われています。
軟骨の約50%
軟骨は骨と骨とをつなぎ合せる役割をしており、不足するとすりへり、弾力性が失われ骨や軟骨が変形し、変形性関節症になる原因になります。またコラーゲンを補充すると、更年期前後から始まる越、ひざ、ひじの痛み、椎間板ヘルニア等に有効に働き、その改善や予防にもなると言われています。

注目サイト

Gyao!
http://gyao.yahoo.co.jp/
性病検査
http://www.cellsee.jp/
ハンドメイド家具
http://morino-okurimono.com/

コラーゲン
 コラーゲンの種類
 コラーゲンを含む食品
 コラーゲンとヒアルロン
 お米の栄養
レシピ
 卵の入った豚の角煮
 ミルクシチュー
 鳥と卵の簡単トマト煮
ホーム&リンク
 お役立ちリンク集
 ☆ HOMEへ ☆